朝乃山優勝記念展 in 日本橋とやま館

スポンサーリンク

こんにちは。えるぞうです。

 

先月千秋楽を迎えた、大相撲令和元年五月場所で初優勝を飾った朝乃山。

103年ぶり富山出身力士ということで地元は大いに盛り上がっているようです。

東京にある富山のアンテナショップ日本橋とやま館で、朝乃山優勝記念展を行っていると聞き、早速行ってきました!

 

 

f:id:eruzou:20190607091011j:plain

 

 

毎月のように訪れている日本橋とやま館。

相変わらず東京のど真ん中とは思えないような落ち着いた佇まいです。

ドアを抜けるとギャラリーのようになっていて、その奥に物販などがあります。

 

 

f:id:eruzou:20190607091123j:plain

 

 

なんかいた。

寡聞にして知らなかったのですが、富山では獅子舞が盛んなようです。

獅子に挨拶して、ギャラリーのほうへ向かいます。

 

 

f:id:eruzou:20190607091002j:plainf:id:eruzou:20190607091120j:plain

 

 

記念展の表示と、朝乃山のプロフィール。

もっと詳しいことは公式サイトで見られます。

先場所の番付表も。

朝乃山のサイン入り!

 

 

f:id:eruzou:20190607091008j:plain

 

 

いたーーーーホントにあった!!!

 

最も見たかったのは、朝乃山が本場所で使用している本物の座布団です!

何度か国技館へは足を運んでいますが、実物を間近で見るのは初めて。

 

まず一回りして全体を眺めます。

とりあえずデカいです。

このデカい座布団に朝乃山が尻つけて座ったと思うと…(やめなさい)

場所で実際に使用するときは二つ折りにします。

 

触ることはできないので、近づいてよく見るとやはり絹製のようです。

縫い目なども確認しましたが、職人さんが手作業で作っているのがわかります。

 

 

f:id:eruzou:20190607091117j:plain

 

化粧まわしと同様に後援会などから贈られます。

これは氷見の後援会から贈られたようです。

 

 

f:id:eruzou:20190607091005j:plain

 

 

朝乃山の手形もありました~

自分の手と比べてみたらやっぱり大きい!

場所後の様子の展示もあります。

 

新弟子の頃から注されていましたが、怪我などで多少足踏みしていた印象です。

相撲協会の未来のためにも地元の期待のためにも、ソッコーで上まで駆け上がって欲しいです!

 

 

『朝乃山優勝記念展』

日本橋とやま館で2019年5月29日から6月9日まで~