「富山はま作」日本橋とやま館の和食レストランで夜ごはん

スポンサーリンク

 f:id:eruzou:20190608170635j:plain

 

 

こんにちは。えるぞうです。

日本橋とやま館にあるレストランで、久しぶりに友人と食事してきました。

 

 

富山出身力士朝乃山の優勝記念展と、待ってる間に一杯やってた話はこちら。

 

www.eruzouzakki.com

 

www.eruzouzakki.com

 

和食レストラン「富山はま作」。

ランチでは何度か利用していますが、夜は初めてです。

東京のど真ん中とは思えないような落ち着いた雰囲気で、富山の味覚を楽しめます。

 

 

 

f:id:eruzou:20190608174745j:plain

 

 

お食事のつかないミニコースは3,800円。

とりあえずこちらを注文して、お腹の具合と相談しながら追加注文することに。

 

 

f:id:eruzou:20190608152430j:plain

 

 

とりあえず。

友人は富山のクラフトビール宇奈月麦酒、えるぞうはいつも通りアサヒ一択です。

 

 

f:id:eruzou:20190608152439j:plainf:id:eruzou:20190608152823j:plain

 

 

まずは小鉢のべっこう寄せから。

これ、すっごくおいしい!

小さく綺麗に作られていて、海老とかウニとかいろいろ出てきます。

梅酢が爽やか~

楽しみながら少しずついただきます。

もっと食べたい(笑)

 

次に前菜三種。

やっぱり富山と言えば白えびですよね~

別注しなくてもしっかりコースに入ってて嬉しいです。

ます寿司も。

食事じゃなくて、前菜に少しだけ出てくるのがいいですね。

 

そして、氷見牛のローストビーフ

柔らかくてさっぱりしててすっごくおいしいです!

見えませんが、お肉の下にネギや水菜などの野菜が隠れていて、一緒にいただくと変化があっておいしいです。

 

f:id:eruzou:20190608152448j:plainf:id:eruzou:20190608152436j:plain

 

前菜のあとはお椀。

鯛のアラと白子なんかが入っている贅沢なお椀です。

鯛の白子、初めて食べました~

上品な一品です。

 

このお椀と前菜のお盆は富山県魚津の漆器が使われているそうです。

富山尽くしのおもてなしですね~

 

お椀の次はお楽しみのお刺身!

富山と言えば新鮮な富山湾の幸です!

いついただいてもおいしい~

鯛の昆布締めが入っているのが富山らしいです。

他は忘れてしまった(おい)

おいしければよい。

 

コースはここまでです。

ゆっくり食べていると、それなりにおなかいっぱいになります。

せっかくなので、締めのメニューをシェアすることに。

 

 

f:id:eruzou:20190608115018j:plain

 

白えびそうめんです。

おつゆに白えびで取っただしを使っているそうです。

白えびそのものも入っています。

麺はつやつやでなめらかで、おつゆはさっぱりしていながら味わい深いです。

 

 

f:id:eruzou:20190608152756j:plain

 

 

仕上げにもう一品。

富山県民のソウルフード(と説明されました)、とろろ昆布おむすびです。

これめちゃくちゃおいしいです!!

 

不思議なビジュアルだと思います(笑)

見えませんが、中に鮭が入っていてそれも嬉しい!

(鮭おにぎりは神)

 

関東人はあまりとろろ昆布を使いませんが(少なくとも自分はどうやって食べるのかよく知らない)、こんな素敵な食べ方があるんですね~

そういえば富山の友人が、富山県民はなんでも昆布を使うと言っていました。

鰹だしじゃなくて昆布だしなのか?と思っていましたが、そういう意味ではないんですね~

 

すでに相当おなかいっぱいですが、あんまりおいしくて最後まで楽しんでいただきました。

他にも食べてみたいものありますが、この辺でギブアップ。

次回に持ち越しです。

 

2杯ほど飲んで、コースと追加で、1人当たり6,000円程度です。

なかなか贅沢ではありますが、たまにはいいかな~

なにより落ち着いた贅沢な時間を楽しめます。

 

 

 富山はま作の詳細とメニューはこちら